空室があっても問題ない|人気の高い不動産屋さんのエムスタイル|安定利益が得られる家賃保証
ウーマン

人気の高い不動産屋さんのエムスタイル|安定利益が得られる家賃保証

空室があっても問題ない

握手

アパートやマンションを所持する大家さんにとって、問題となるのが安定した利益が得にくいということです。不動産投資は株やFXなどのように、上がり下がりが激しい投資ではありません。そのため、安定した投資方法というイメージが強いものですが、これは決して「安定した利益が得られる」ことと同義ではないのです。不動産投資は管理運営に関する費用と家賃による利益の差額で儲けが得られます。設備管理や掃除、物件広告など、個人で行なうのは難しいため多くの人は不動産管理を行なう会社に一任します。管理を依頼すれば当然高い費用が必要となるため、その費用は家賃収入から捻出しなければなりません。ですが、部屋数が十分に埋まっていなければ、管理運営費による負債がどんどん重くなり、最終的に大きな借金を背負う羽目になりかねないのです。物件を借りてくれる人の数は、物件自体の魅力のほか、景気にも左右されます。そのため、不動産物件を購入すれば必ず部屋を埋められるとは限らないのです。こうした状況で注目されているのが、家賃保証サービスです。「サブリース契約」とも呼ばれるこの家賃保証サービスは、利用することで毎月安定した家賃を得ることができます。

家賃保証サービスを行なう会社は、建物の管理運営を一任し、毎月一定額の家賃を支払ってくれます。たとえ埋まっている部屋数が少なくても、一定額を支払ってくれるので、安定した不動産投資を行なうことができるでしょう。マンションやアパートを購入する場合、多くの人は高額なローンを組んで購入します。安定した不動産収入が得られない場合、ローンの支払いも滞るため、負債が溜まってしまうと物件を手放すことになりかねません。しかし、家賃保証サービスであれば、常に一定額の利益が得られるので、安定してローンを支払い続けることができるでしょう。